コインチェックの長所と口座開設、やり方最新解説

12種類の通貨が買えるコインチェックに口座を開設した。その方法を説明。

仮想通貨取引所。使いやすさNO1のコインチェックに口座開設してみた。

仮想通貨初心者です。このたびビットコインなど12種類の仮想通貨が簡単に買える、「コインチェック」に口座を開設しました。簡単でした。その手順を記します。ご参考にください。             2017年7月19日記
 私が「コインチェック」選んだ理由は
(1)12種類のコインが買えるから。
ビットコイン以外の仮想通貨を「アルトコイン」といいます。2位のイーサリアムやリップルなど話題のコインが一か所で買えるのはここだけでした。
(2)初心者にも使いやすい画面だったから。
(3)セキュリティーがしっかりしているのと、万が一の盗難にも保険があること。(100万円、二重認証の設定が必要です)
<コインチェックに口座を作ってみよう>印鑑不要。お金不要です。
1 コインチェックの口座開設ページを開きます。下からどうぞ。
 スポンサードリンク
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin 
2 メールアドレスを登録します。
3 確認メールが届くので、クリックする。
4 本人確認画面がでる。
 (1)住所、氏名、生年月日を入力。
 (2)写真がついている身分証明証を用意する。
    パスポート、マイナンバーカード・・・写真にとってアップロード。
    運転免許証・・・表と裏を写真に撮る。(裏は住所変更の確認のため)
 (3)身分証明証を手に持って、証明証にピントを合わせて、自分の写真を撮ってアップ。
 (4)しばらくして、「本人確認終了」のメールが届く。
5 数日後、住所確認のための簡易書留が送られてくる。受け取ればOK。返送の必要はない。これで登録完了。
<お金の入金>
 入金は次の3つでできます。
(1)銀行振り込み。私はネット銀行から振り込みました。注意は名前の前に6ケタのID番号を書くことです。忘れても、メールとかで対応してもらえますが、必ず書くようにしましょう。
(2)コンビニで入金。SMSの認証が必要です。
(3)提携金融機関で即時入金。住信SBIネット銀行の口座を持っていればより簡単に入金できます。即時反映します。
<注意事項など>個人の感想も入っています。
(1)仮想通貨は値動きが激しいです。ビットコインでは一日で数%、アルトコインでは1日に20%以上も動くことがあります。
(2)レバレッジを効かせて5倍までの取引も可能です。リスク管理にはお気を付けください。私は現物で取引します。じっくり買い続けていこうと思っています。
(3)取引所では、株式と同じように取引ができます。一方、販売所では、売りと買いの両方の価格が表示されています。双方にはかなりの開き(スプレッド)があります。(他の取引所でも同様です)
(4)日経新聞に出ていましたが、8月1日に「ビットコインの分裂」の可能性があります。それに伴い、8月1日以降の取引については各取引所に制限がかかる可能性があるそうです。入出金も制限される可能性がありますので、早目の入金が安心かもしれません。(※これはコインチェックからアナウンスではありません。必ず、サイトで正しい情報を取得してください)

以上です。
※管理人情報など
 このサイトは、(株)コインチェック様とは関係ありません。この記事に関するお問い合わせなどは、メルアド tingisuhan01@gmail.comまでお願いします。